執筆・ゴーストライター・自費出版ならライティングにお任せください!

執筆代行

最高の文章を提供するために、技術と知識をつみかさねて

執筆代行
ビジネス・自伝・アカデミックと幅広い分野において数多くの実績を積み重ねてまいりました。その豊富な経験と高いライティング技術で、お客様のもとめるあらゆる分野に対応し、関西でもトップクラスの制作を行っている自信があります。また、どのようなご要望にも対応できるように、スタッフは、常日ごろから、アカデミックな分野、最新のトレンド、経済動向など、あらゆる方面に対して知的好奇心のアンテナを伸ばしつづけています。
[執筆物の例]
・執筆代行・インタビュー記事・挨拶文・就職用・転職用・各種論文・スピーチ原稿・読書感想文など

他社との違い
  • あらゆる分野に対応します!

    アカデミックな分野からビジネス分野まで幅広い分野の文章代筆を行います。「こんな物は無理だろう」というようなご要望もぜひご相談ください。実際にこれまで他社で「難しすぎる」と、断られたような案件でもお引き受けし、納品後は「助かった」と、喜んでいただいています。広告コピーやエンターテインメント系の文章なども大歓迎です。
  • 長い文章も短い文章もおまかせください!

    一冊の本からインタビュー記事、論文、挨拶文、スピーチなど長短どのようなボリュームの文章でもお受けします。長い文章の場合は、伝えたいことをいかに効果的に配置するか、短い文章の場合は、限られた文字数の中で、いかにインパクトを持たせるかなど、プロならではの目線で、お客様になり代って代筆いたします。
  • 急ぎの仕事もご相談ください!

    例えば800字程度のスピーチでしたら、当日の午前中にお電話いただき、その日の午後に納品するなど、お急ぎの案件もライターに空きさえあれば、可能な限り対応させていただきます。「文章が苦手な方のお悩み解決をサポートしたい」そんな気持ちから、多少の無理もがんばります。悩んでいる時間を使って、ぜひ当社にひと声かけてください。
  • ジャストな取材スタイルで!

    長い文章の場合は、基本的に対面取材でお話をうかがいますが、短い文章の場合は電話で対応するなど、お客様にとっての費用対効果も踏まえた取材体制をとっております。もちろん電話での取材といえども、経験豊富なライターがしっかりと聞き取りさせていただきますので、どうぞご安心ください。遠隔地にお住まいの方にからも当社の電話取材は、大変ご好評いただいております。
  • 大手出版社にも認められた実力!

    当社では、社長の高木がかつて大手経営コンサルティング会社に勤務していた頃の人脈もあり、現在も大手出版社からのお仕事を請け負っております。もちろん人脈だけではなく、当社の文章代筆スキルが高いからこそ発注いただいていることは言うまでもありません。品質に厳しいことで有名な某出版社の基準もクリアしたライティング(株)の代筆サービスをぜひご利用下さい。
  • 「お役に立ちたい」の気持ちで!

    他社との一番の違いは、実はこの部分かもしれません。もともと当社設立の目的が「文章を書くことに困っている人を楽にしてさしあげたい」というものでした。そして、仕事をしているうちに文章を書くことに悩んでいる人が世の中にこんなにもたくさんいらっしゃるということは予想外の驚きでした。今でも私たちが得意な文章代筆というスキルを使ってお客様のお役に立てるという喜びは、何物にも代えがたいものなのです。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

文章の長短、内容にかかわらず、まずは気軽に電話かメールでご相談ください。どんな文章でも可能な限り対応いたしますし、実際に契約になるかどうかに関わらず、執筆のプロとして喜んでアドバイスさせていただきます。

1ヵ月前を目安に発注を

クオリティの高い文章を仕上げるために、できれば納期の1カ月前には発注いただくのが理想ですが、緊急の場合は1週間前にご連絡いただいても大丈夫です。ただし別途料金が発生する場合があります。なお、お急ぎの旨をご連絡いただければ、こちらからもすぐにお返事いたします。

ご納得のうえで契約を

執筆代行する文章のボリュームや業務内容によって金額も異なります。一度お話を伺ったうえで、しっかりとした見積もり書と契約書をお送りします。見積もり金額にご納得いただければ契約という運びになります。

取材について取り決めします

論文など長い文章の場合は、対面での取材が基本となりますが、急ぎの場合や短い文章の場合は電話やメールでの取材も可能です。担当するライターについても、「女性ライターで」「学術的な文章が得意な人」などお客様のご要望をお聞かせください。

取材を行います

一流のライターが専任でお客様の担当をさせていただきます。対面取材でも電話取材でも、ご希望であれば事前に質問項目を書いたヒアリングシートをお出ししますので、ご安心ください。対面取材の場合は、ご自宅や当社オフィスなど、お客様のご都合のいい取材場所をお選びください。

執筆期間は平均ひと月程度

取材後、すぐに執筆に入ります。短文は1週間、中・長文は3〜4週間となります。必要があれば追加取材や資料収集を行い、完成させます。お急ぎの場合は、短期間で仕上げることも可能です。

追加訂正も可能です

原稿が完成しましたら、社内校正を経て、お客様にも原稿校正をしていただけます。また、校正段階で構成変更や原稿の追加などご希望がございましたら1回のみ無料で変更を加えることが可能です。


戻る