執筆・ゴーストライター・自費出版ならライティングにお任せください!

執筆代行

sippitu-daiko-image.jpg


執筆代行ライターは、各分野の専門家に依頼すべし!


「執筆代行サービスをつかいたい」そう思いついたとき、まず、最初に考えなければいけないことがあります。

それは「どんな内容」で「どんなライター」に執筆をお願いしたいか、最初にはっきり明確にすることです。

一口にライターと言っても、現実的には専門職にわかれます。 ブックライター、スピーチライター、論文ライター、WEBライター、ジャーナリスト、フードライター、トラベルライター、ブログライターなどじつにさまざまな種別があるのです。

また「若い女性のライター」「ベテランの男性ライター」のように性別や年齢といった希望もあるでしょう。「とくに性別と年齢は問わない。質の高い文章であれば」という場合もあるでしょう。

そもそも、執筆代行業の歴史は古いのですが、現在のようなたくさんの種別に分かれていたわけではありません。 戦国大名の手紙のやりとりをしたのが祐筆とよばれる文官でした。

一般庶民の場合、たとえば恋文、詫び状などには、代書屋とよばれる方がいました。その名残に、昭和時代まで筆屋さんや、和紙、書籍などを扱う近所の文具屋さんが代筆を請け負っていたのです。

 それぐらいです。現在のように細分化、固定化されていません。


プロのライターは個人からの依頼はNG!

ではなぜ現在のように、たくさんの「専門」のライター業が発生したのか。それは、ライターという仕事を進めていく過程にあったのです。


たとえば、ブックライター(ゴーストライター)と呼ばれる方々がいます。出版社から依頼されて、ビジネス書、実用書、自分史などの書籍一冊の本まるまる書いてしまうライターさんです。いちど良い原稿が書けると、再度、ご指名が続き、5冊、10冊とすすみ、いつのまにか、他の仕事を請け負う時間がなくなり、専門となっていくわけです。


スピーチライターと呼ばれる方々がいます。政治家、団体および企業のトップから依頼されて、講演・挨拶のスピーチ原稿を代筆するライターさんです。長年、同じ政治家からのご指名が続きスピーチ専門となっていきます。ちなみに、国家代表、自治体の長、大企業の社長は、ほぼ確実に専属のスピーチライターを抱えているのは、よく知られた話です。


ただ、注意したいのは、これらの仕事は基本的に、プロからプロへの依頼になります。プロのみぞ知る世界なので彼らライターは「一般の方々の目にふれないところ」で活躍しているのです。


新規ご依頼の場合、紹介者がいないと、プロは引き受けてくれません。単発の仕事も、プロにとってはだいたいがNGです。それは、問屋が個人消費者に「小売り」をしないのと同じです。



執筆代行会社を比較し、依頼せよ!


pro-group.jpg


皆さんが自宅を新築するときに、比較してみましょう。


みなさんは、腕のいい大工さん、左官屋さん、塗装屋さん、ガラス屋さん、電気屋さん、ガス屋さんなど、をご存じでしょうか。ふつうの消費者(みなさま)には、探すすべはないし、さらにその評判はわかりません。


そこで「建築会社」へ依頼するはずです。そのような専門職の方々を多数かかえていますから、探す必要もなくなります。


執筆代行業も同じ構造になっています。


自分史の執筆なら、40代女性のAさん。

ビジネス書なら、50代の男性Bさん。

論文レポート、スピーチ原稿なら、20代の女性Cさん。


というふうに、です。得意分野は異なります。


これは、同業各社さんも同じだと思います。「執筆代行」でネット検索すると、ライティング株式会社、カクワークス、ココナラ、ランサーズ、DMCなどの執筆会社をみつけることができます。じっくりと比較し、検討したほうがいいでしょう。


ですから、当社をはじめとした執筆代行会社のなかから「これは!」と思われる会社を選び、ご依頼いただくのが普通の執筆代行の利用のながれとなります。それぞれの執筆代行会社ではさまざまな得意分野をもつ、優秀なライターをたくさん抱えているはずです。


みなさんの希望される執筆内容の、専門ライター個人をさがしだして、さらに性別や年齢まで考慮にいれて、依頼するのはほぼ不可能なのではないでしょうか。代行会社に依頼する以外は。。


では、実際に、その執筆会社に依頼する流れは、どうなのか。納期は、価格は? 各社さまざまですが、以下当社を例に挙げておきます。おおよそ他の代行会社さんにおいても、そんなに大差ないないはずです。




文字数3000字以下の執筆代行の場合

まずはご相談ください

まずはご相談ください

文章の種別にかかわらず、まずは気軽に電話かメールでご相談ください。どのような種類の文章でも可能な限り対応いたします。その場でお引き受け可能かどうかをご返事させていただきます。

1ヵ月前を目安に発注を

クオリティの高い文章を仕上げるために、できれば納期希望日の1カ月前から2週間前には発注いただくのが理想です。なお、特急対応も可能です。お急ぎの旨をご連絡いただければ、こちらからもすぐにお返事いたします。

ご納得のうえで契約を

執筆代行する文章のボリュームや業務内容によって金額も異なります。種別と、文字数、納期の3点で、見積もりさせていただきます。一度お話を伺ったうえで、見積書と契約書をお送りします。見積もり金額にご納得いただければ契約という運びになります。

取材について取り決めします

基本的には、御電話での取材になります。インタビュー取材記事、論文など長い文章の場合は、対面での取材となります。担当するライターについても、「女性ライターで」「学術的な文章が得意な人」などお客様のご要望をお聞かせください。

取材を行います

お客様の希望分野に沿った実績ある専門ライターが専任でお客様の担当をさせていただきます。対面取材でも電話取材でも、ご希望であれば事前に質問項目を書いたヒアリングシートをお出ししますので、ご安心ください。対面取材の場合は、ご自宅や当社オフィスなど、お客様のご都合のいい取材場所をお選びください。

執筆期間は平均ひと月程度

取材後、すぐに執筆に入ります。短文は2週間、中・長文は3〜4週間となります。必要があれば追加取材や資料収集を行い、完成させます。お急ぎの場合は、短期間で仕上げることも可能です。

追加訂正も可能です

原稿が完成しましたら、社内校正を経て、お客様にも原稿校正をしていただけます。また、校正段階で構成変更や原稿の追加などご希望がございましたら2回まで、変更費用無料です。

まとめ

執筆代行ならライティング株式会社へご依頼ください。御電話またはメールでの問い合わせにより、内容での可否をお伝えの上、執筆代行の見積金額をお伝えします。



戻る