執筆・ゴーストライター・自費出版ならライティングにお任せください!

感動的な結婚式スピーチ原稿(祝辞・挨拶)の代筆代行のご依頼なら


 結婚式・披露宴は、たいへんおめでたい席です。その結婚式にお呼びがかかるというのは、たいへんな名誉なことです。


 さらに、スピーチまで頼まれるというのは、新郎新婦にとってかなり親しく、重要な関係であることの証(あかし)でもあるでしょう。

 親友、長年の友人、職場の同僚や部下、取引先などからスピーチを依頼されると

  • 「そもそも"話すべき内容"を思いつかない」
  • 「書いてはみたものの、文章に自信がない」
  • 「社長、役員としての出席だから"軽々しいこと"はいえない」
  • 「感動的なスピーチ原稿を書く自信がない」
  • 「あと1週間しかない。時間がない」

 スピーチ原稿を頼まれるぐらいですから、友人代表、職場の上司、主賓、新郎父、新婦父、両家代表であったりと、結婚式・披露宴・二次会にかかわらず"盛り上げ役""最重要人物"である方々がほとんどのはずです。

「社長なので、感動的なスピーチをしてくれるはずだ」
「新郎新婦の将来に役に立つ話をきっとしてくれるはずだ」
「出席者のみなさんを、楽しく笑わせてくれたりするだろう」

  という、依頼者側からの「期待」があることもわかっています。結婚式の日程はどんどん迫ってきます。なのに、スピーチ原稿が用意できない、もう考えるだけで土砂降り前の「くもり空」のよう。どんよりした気分になってしまいます。

  去年のことです。
 私事で恐縮ながら、元スタッフの披露宴の主賓としてスピーチを依頼されました。辞職してから年月がたっていたので「憶えていてくれたのか」と、ものすごく喜ばしかったのですが、原稿作成には、恥ずかしながら苦労した経験があります。

 では、期待を寄せてくれる依頼者の希望こたえるには、どうすればよいのでしょうか。すでにいろいろと検討されてきたことでしょう。

「自分自身で書く」
「スピーチ依頼自体をことわる」
「司会者に依頼する」
「代筆を依頼する」

 どうでしょうか。皆様は、自分の力だけで「なんとか書いてみよう」と苦心されたことでしょう。 また、スピーチ自体を断るなんて、それこそ結婚という場の「NGワード」そのものとなってしまいますし、断るぐらいなら欠席するほうを選ぶ、という方がほとんどではないでしょうか。

  司会者さんは、しゃべるほう、の専門家だし。 まさに四面楚歌の状態とは、まさにこのことかもしれません。  

 ただ、誤解を承知で申し上げたいことがあります。このお悩みは、みなさま「特有のもの」ではありません。ある程度のお立場になられた方、出世された方なら、よくある悩みの一つです。共通の悩みです。

  スピーチをよく依頼される方々(政治家・社長)など、年間100回以上に及ぶでしょう。たとえば、自治体の市長さん。市長室の身近なスタッフが、スピーチライター(※スピーチ原稿専門のゴーストライター)をやっています。  

 大企業の社長さんならどうでしょうか。秘書室長などが兼務しています。すべてを本人が書くのは、分量、質、とものにムリがあるのです。  

 そうです。ご存じだとは思いましたが、上記の方々は全員、お抱えのスピーチライターいて、彼らに依頼することで、この無理難題をクリアしていたというわけです。    

 そこで、当ページでは、スピーチライターに依頼することを前提に、本番当日の成功を祈して、結婚式披露宴スピーチ原稿を上手に完成させていく方法について、お教えしていきたいと思います。

 このページでは、以下について、詳しく述べさせていただきました。

目次

私たちの紹介

 結婚式披露宴スピーチ原稿を自分以外の人に依頼する際、切実な問題があります。  だれに頼むかという「人選」です。

 博識そうな知人に頼んでみようか、結婚式場の人に司会者を紹介してくれと頼んでみようか、それをわたしの言葉遣い、言い回しを使用してスピーチ原稿を書いてくれるのだろうか。 

  新郎新婦に自分の「真意」をうまく原稿という形で表現してくれるのだろうか。と、人に関する悩みはつきないものなのです。かりに文章の得意な人がみじかにいたとして...  
・そのスピーチライターさん(会社)に頼むと、費用はどのくらいだろう。  
・ほんとうに信頼にできるライターさんだろうか。  

 という疑問が生じてきますよね。
 思い切って頼もうとうは、なかなか思えません。当社はスピーチライター(ゴーストライター)による代筆専門の会社です。  
 おかげさまで、1000年の歴史をほこる古都、京都で起業してから20年近くがたちました。  
 事務所は、金閣寺にちかい、閑静な場所にございます。  
 創業は、ライター私のみという小さな陣容でスタートした会社でしたが、いまや代筆をおこなえるスタッフが大勢育ち、スタッフ計10名を超える立派な体制を作りあげることができました。  
 文章作成に困るお客様のサポートする事業に「やりがい」「誇り」を感じており、自己研鑽と執筆作業に日々精進をかさねています。平成がおわり令和になったいまでも、原稿の執筆に頭を抱えるお客様からのご相談を、とぎれることなく頂けるようになりました。  

 文章作成、インタビュー記事作成の専門会社として、原稿用紙1枚400字の短文から、自伝、ビジネス書などの6万字以上の長文執筆などを、長年、手がけてきました。  

 なかでも、質の高い執筆力と、親身かつ丁寧な取材力などが評価され、定期的にお客様からご依頼がいただくことになったのが「スピーチ原稿」です。  

 そこで、当社は、みなさまのお悩みを解消するべく、スピーチ原稿専門のスピーチライターを複数名抱え、みなさまからのご要望に、高いレベルでお応えする体制を築いているのです。

スピーチ原稿作成依頼でもっとも大切なこと

 これまでに述べたように、結婚式スピーチ原稿の作成依頼で一番大切なの「人選」です。  わたしたちの会社では、このHPを開設してからというもの、15年間にわたって「スピーチ原稿」について、たくさんのご相談、ご依頼を受けてきました。  
 
 もちろん、最初は私本人が、受付・入金確認・執筆・納品というすべての作業をひとりだけで対応しておりました。ただ、ご依頼の数が増えるにつれ

「わたしは女性なので、同性のライターにお願いしたい」
「1週間後に披露宴がある。短納期で対応できますか」  

 というようにさまざまご要望があることがわかりました。そのご要望に逐一おこたえするため、私本人以外に優秀なゴーストライターを拡充させてきたという経緯があります。
 
 せっかく当社にご依頼くださった方々です。  

 ご期待にそえるよう「人選」と「人材育成」には、力をいれてきました。  

 採用テストでは、まず特定のテーマを与え、実際に執筆してもらいます。この採用テストで、かなりの人数が絞られます。合格者は仮採用のあつかいとなります。  ただ、仮採用後は、できるだけたくさんの原稿と向き合い、種類と分量をこなしてもらうようにします。執筆は「経験」が質を決定づけるのおおきな要素です。  

※ちなみにパイロットは10,000時間など「飛行時間」がベテランかどうかひとつの目安ですね。わたしたちライターの世界なら、年間50万字に近い文字数は書いていると思います。
 
 原稿はすべて、私が、赤ペンで添削し、直しを最終確認。  
 これを何十回と繰り返します。  
 ここまで1〜3年という期間が必要です。できるだけたくさんのお客様の原稿を担当し、そのときどきにベストを尽くしていくことで「一人前」のゴーストライターとなれるのです。  
 また、ゴーストライターには、前職の経験があります。キャッチコピーのライター、アナウンサー、女性ライター、脚本家、新聞記者さんなど当社に在籍するライターさんはじつにさまざまな経歴の方々が多いように思います。
  
 結婚式のスピーチには、序文、本文、末文というように、一定の型があるとはいえ、内容はすべて一人ひとりまったく違うオーダーメイドのご対応をしなければなりません。100人のお客様がいれば、100通りの書き方が存在するわけです。
  
 それらに適切にお応えするため、受付担当者はまず、みなさまのお立場、ご要望、出席者の方々の属性、などの詳細内容をお聞きすることからはじめます。サービスの押し売りは一切ありません。丁寧な事前聞き取りをもって、最適なゴーストライターを選ぶという体制を整えているのです。

スピーチライターが行う電話での「直接取材」

 よいスピーチ原稿を書き上げるには、適切なライターの人選が大切ということがおわかりいただけたかと思います。
  
 
 あともうひとつ重要な要素があります。

「テーマ設定」です。  

「?」  
 というのが正直なご感想だと思います。

「大げさだなぁ...」
「そこは適当でいいんじゃない?!」
「ドラマなら"家族愛"って設定もありえるけど...」
「テーマ設定なんていらない。『新郎さん、新婦さん、末永く仲良く暮らしてください』と結べばいいのではないか」  
 
 テーマ設定と聞くと、どんな印象をお持ちですか?  
 スピーチ原稿作成という大仕事においては、もっと大切なことがたくさんあると思われるのが普通でしょう。  
 テーマ設定よりも「いかに起承転結をつけるかだろ?」「おもしろいエピソードトーク」挿入のほうが大切、その「数」が重要......これらをよいスピーチ原稿の基準であると認識している方は多かろうと思います。
  
 四字熟語やことわざを入れる  
 偉人の格言を入れる
 美辞麗句などの難しい漢字のふくまれた言葉を使う
  
 なども、格調高い文言に仕上げたければ、重要と考えられる人がおおいでしょう。  
 
 ですが、たくさんのお客様からの相談をうけ、実際にスピーチ原稿作成に20年以上、携わってきたわたしたちの感想としては、やはり「テーマ設定」がもっとも重要な要素といわざるをえません。  

 たとえて説明してみます。
 
 テーマ設定は、住宅でいうと「大黒柱」もしくは「骨組」になります。外見にどれだけ立派な御影石をつかったとしても、インテリアに輸入家具をそろえたとしても、土台がぐらぐらな住宅が完成しては、安心して生活を続けることはできません。  
 
 もちろん「起承転結をつける」「エピソードトークをいれる」という要素は大切です。ただ、そうするにしても「何を取捨選択すればいいか」その「基準」がたいせつです。「基準」がブレては、よい結婚式披露宴スピーチ原稿には、どうしてもなりえないのです。
 
 わたしたちライティング株式会社のゴーストライターはみな、取材に一定の聞き取り能力、傾聴のスキルをもっています。取材はおもに電話をつかっておこないます。そのなかで新郎、新婦に対する想い、新郎新婦とのエピソードなどもお聞きします。  
 
 これらをお聞きするとき、わたしたちライターは「どこ」に一番気を付けているかと問われれば、それは皆様ご本人の「想い」なのです。一通一通の原稿には、聞き手にとどけたい「想い」があるはずです。その「想い」をテーマに設定として、スピーチ原稿を作成していくのです。
 
 そこで、もう一度、みなさまにご質問させていただきます。よいスピーチ原稿とは、何でしょうか。
  
 美辞麗句を並べたもの
  笑わせるもの
  楽しくさせるもの
  
 でしょうか。違いますよね。やはり「感動」的なものが一番いいはずです。では感動的なスピーチは「何」から生まれるのでしょうか。
 
 みなさまの「想い」です。

「本音」です。
 
 それを「かざらない言葉」で。
 
 感動は「つくりだすもの」ではありません。自然に生まれるものです。 
 
 わたしたちがつくるのは、みなさまの「想い」「本音」が自然ににじみでてくるようなスピーチ原稿です。よいスピーチライターの条件とは、文章表現のうまい人ではありません。取材相手の「想い」「本音」を取材を通じてみつけ、それを文章表現できる人といえるでしょう。  
 

 わたしたちライティング株式会社のスピーチライターは、そのような原稿作成をつねに心がけているのです。それが他社さんと違う、最大の特長なのかもしれません。

取材方法

 みなさんの「想い」をお聞きする場所、それが取材です。その「想い」を皆様に変わってライターが文章に込める作業が執筆、ということがおわかりいただけたことかと思います。
  
 取材は「お電話」にて行います。指定のお時間、たとえば木曜日の11時〜というように決め、担当スピーチライターからお電話いたします。とくに、ご用意いただくものはありません。   取材では、当社ライターが「ヒアリングシート」にしたがって、原稿作成に必要な項目を質問していきますので、お答えいただくだけで、結構です。
  
 一般的なスピーチは3〜5分間です。1分間に300字が平均時間ですから、300字×3=900字、300字×5=1500字となり、おおよそ1000字前後の文字数が平均となります。
 1000字のスピーチ原稿作成には、30分〜45分間の御電話での取材時間が必要になるとお考えください。
  納品は通常期間で、2週間となりますので、それまで楽しみにお待ちください。
  ※お急ぎの場合は、特急案件として対応可能。


心のなかに長年秘めた「想い」

 もうひとつ事例を紹介させてください。
 
 新郎新婦にどうしても伝えたい切ない「想い」
 胸をこがすような「想い」
 
 聞き手の「琴線」にふれることができるのは「これだけ」です。言葉として表現するのすら難しい、微妙なものだと思います。ふれれば壊れてしまう、微妙でセンシティブな「想い」をスピーチ原稿の「テーマ」「主題」とするのが、私たちのやり方です。こうしてはじめて原稿に「魂」がこもり「一本筋」のとおった文章となるのです。
 
 事実の羅列だけ、美辞麗句を並べただけなら、どんなライターでも書けます。ですが、聞き手を動かす、感動させる文章とは何でしょうか。
 
 よいお客様ご本人の「想い」「本音」がしっかりつまった文章なのです。

完成までの「6つのステップ」

第1ステップ 「問い合わせ、お申し込み」

  1. 御電話(075-467-8500)
  2. お問い合わせフォーム(ページ最下部)
  3. のいずれかの方法で、ご連絡ください。

「スピーチ時間」

「内容(主賓挨拶、新郎父挨拶、花嫁からの感謝の手紙など)」

「納期」

の3点をお教えいただけましたら、すぐに見積書を作成いたします。


第2ステップ 「見積書の作成、ご契約」

 見積もり書をメールにてお送りします。受け取った見積書(契約書を含む)の内容をご確認いただき、金額の入金が完了しましたら、担当者が内容に適したスピーチライターをお選びし、担当のスピーチライターとしてご紹介させていただきます。



第3ステップ 「インタビュー取材」

 当社にて、ご依頼いただいたお客様とライターの取材可能日時を調整させていただきます。日時が決定しましたら、スピーチライターのほうから皆様に御電話いたします。
 なお、取材に必要な時間には個人差があります。標準で30分間前後、文章量が多ければ60分間ぐらいかかる場合があります。スピーチライターはまえもって質問項目をご用意しております。その一連の質問にお答えいただくだけでかまいません。


第4ステップ「仮原稿送付」

 お客様に「仮原稿」をご提出します。 お客様に「仮原稿」をご提出します。取材後2週間以内が納期です。  
※2週間以内をご希望の場合、応相談。執筆可能。


第5ステップ 「校正」

 校正1回目:認識の誤り、言葉遣いの好き嫌いなどが発生する場合があります。メールで仮原稿を送付いたします。それを確認いただき、修正点を遠慮なくご指摘ください。その際、テーマ変更や、エピソードトークの追加などの大きな修正も可能です。担当スピーチライターはそれをもとに再度変更させていただきます。
 
 校正2回目:お客様はそのご希望の修正点が確実になおっているのか「最終校正」をお願いしております。この2回もの校正を通じて「て・に・お・は」など表現上の誤り、誤字脱字、同音異義語などもきれいに修正できます。合計2回、校正をいただくことができますのでご安心ください。


第6ステップ 「納品完了」

 ご希望どおりの修正がほどこされているか確認できれば、納品完了となります。


実 績

価格

 100字2000円。 詳しくは以下をご覧ください。 ※2週間以内の納期ご希望の場合、追加料金が必要。

よくあるご質問

  • 可能です。年代別まで対応できます。電話受付スタッフにご相談ください。

  • 祝辞のお時間と、ひつような文字数で決まります。1分間300字での換算となります。100字2000円が単価です。平均は3分間から5分間ですから、18000円〜30000円が標準的な費用となります。

  • お客様からのご入金確認後、とさせていただいております。

  • 申し訳ございません。受け付けておりません。

  • microsoft Word形式となります。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。
 
 結婚式披露宴スピーチ原稿の作成を成功させるには「人選」と「テーマ設定」などが最重要であること、スピーチライターが高い取材力を活かしみなさまの「想い」「本音」をしっかり、文章表現におとしこむこと、などがおわかりいただけたのではないでしょうか。
 
 最後に、結婚式披露宴スピーチ原稿作成に、当社スピーチライターにご依頼いただく利点についてご説明させてください。
 
 それは「みなさまご自身」が、原稿として打ち出すべき「大切な部分」に気付いていないことがままあります。
 
 また、ご自身で書くと「自慢めいて聞こえないだろうか」「もっと表現をやわらげようか」というように、無難な文章表現になってしまうことがあります。上から目線を気にしすぎてはいけません。過剰な謙遜は、せっかくのおめでたい場の空気感をこわす可能性があります。
 
 家族や知人にチェックしてもらうにしても、彼らは専門家ではないので、微妙なニュアンスを感じることはできません。
 打ち出すべきエピソードは強調する、引くべきところは上手に謙遜する。皆様が「気付いていない重要な部分」をスピーチライターが取材で引き出します。
 当社のスピーチライターはみなこのようなテクニックをもっています。ご自身だけで書くよりも、よい文章に仕上がる確率が高くなるのです。
 
 下記問い合わせフォーム、御電話にてご連絡くださいませ。
 みなさまからのご相談、ご依頼をスタッフ一同、心待ちにしております。


お問い合わせ

お名前
会社名
住所
電話番号
E-mail
お申込・お問合わせ
当社からお客様への連絡方法
お問い合わせ・
ご質問内容をご記入下さい。



戻る