執筆・ゴーストライター・自費出版ならライティングにお任せください!

亀山哲郎・阿部慎太郎・白井達也・北野高規著『透明で目立たないマウスピース矯正"インビザライン" ー9割の患者が支持する最先端の歯科矯正ー』

invizaline.png

2018.12.5
ライティングにて出版
並製 四六版
p.192 1400円(税別)

内容:
インビザラインとは、世界100カ国以上、520万人以上の患者が治療を受け、その96%が「治療結果に満足している」と答えた、最先端のマウスピース矯正です。
治療方法は、透明で薄いアライナーを毎日装着するだけ。通院も4カ月〜半年に1回程度で少なく、マウスピースを付けていてもほとんど周囲に気付かれないため、人前に出る機会が多い営業職や接客業はもちろん、海外の有名俳優も治療を受けています。
日本人は歯並びが悪くても「病気というわけではないから」と、放置しがちです。しかし歯並びの悪さは肩こりや頭痛などの体調不良を引き起こし、見た目のコンプレックスから「口を開けるのが嫌」と、他者とのコミュニケーションにも支障をきたす恐れがあります。
本書では、そうした不正咬合の種類と心身への影響、抜歯治療と非抜歯治療の違い、そしてインビザラインの特徴について、現役の歯科医4名が余すところなくご説明&ご紹介します。


著者プロフィール:
亀山 哲郎(かめやま・てつろう)
医療法人スワン会理事、新宿スワン歯科・矯正歯科院長を経て、医療法人あおば会理事長に就任。

阿部 伸太郎(あべ・しんたろう)
埼玉の歯科医院で勤務医、分院長、副院長として勤務した後、松戸やぎり歯科・矯正歯科の院長に就任。

白井 達也(しらい・たつや)
複数の歯科医院で勤務医として勤めた後、松戸やぎり歯科・矯正歯科の院長を2年間務める。その後、越谷レイクタウン南口歯科・矯正歯科の院長に就任。

北野 高規(きたの・たかのり)
大垣スイトスクエア歯科・矯正歯科で勤務医として従事。



戻る