執筆・ゴーストライター・自費出版ならライティングにお任せください!

SOHO・自営業者のための鉄の掟

兵庫県の稲美町 加古大池

2016/04/07
いま、兵庫県稲美町のお客様の取材中です。2〜3ヶ月にわたって3度の取材をして、その取材の録音内容を元に、原稿化していきます。おおよそ取材が終わってから、1ヶ月ぐらいで本が完成するのが普通です。それで最近は稲美町に行くことが多いです。

この地域の特長は、なんといっても、ため池。

ため池数では、全国のトップが兵庫県で、約4万個。2位の広島2万個を大きく引き離しています。瀬戸内気候ですから、雨が少なく、農業にはどうしてもため池が必要なんですね。

兵庫県のなかで最大のため池が、加古大池です。
なんと甲子園球場の12倍の広さがあります。
ウインドサーフィンなども、OKです。近くに住みたいです。

お客様のところに訪問する途中に、大きな土手がみえたので、
「川かな?」
と思っていってみると、それが加古大池でした。
P2271709.JPG

1時間ぐらい、湖畔で、ぼーっとしました。
ふだん、原稿や、締め切りに追われる私にとって、
ぼーっとするのが、一番贅沢な時間ですね!

(^_^;)



戻る