執筆・ゴーストライター・自費出版ならライティングにお任せください!

立命館大学理工学部電気電子工学科 瀧口浩一先生取材原稿作成

secom:takiguchi2.jpg

媒体名:ホームページ
完成日:2016年2月

担当者より:
セコム科学技術振興財団様からご依頼をいただき、立命館大学理工学部電気電子工学科の瀧口浩一先生に、2回目のインタビューと記事作成をさせていただきました。

速度の早さや安定性が求められる通信技術ですが、やはり課題になるのはセキュリティ。個人情報が漏洩しないための暗号化と、暗号化された情報を正確に復元する技術について、光通信ならではの課題とメリットを交えて、わかりやすく教えていただきました。

私たちは「技術は進歩するもの」「技術が進歩すれば消費者が使えるハードが発売されるもの」「発売されたハードは安全性が約束されているもの」と当たり前のように思っていますが、技術の進歩の背景には研究者の方々の艱難辛苦があり、実用化にはコストという厚い壁があります。

世の中がどんどん便利になると同時に、リスクも増していきます。そのリスクを軽減するために汗を流している方々のことを広く知っていただきたいという気持ちで、記事を作成しました。




戻る