執筆・ゴーストライター・自費出版ならライティングにお任せください!

大阪大学免疫学フロンティア研究センター 黒崎知博先生取材+記事作成

kurosaki2.jpg

媒体名:ホームページ
完成日:2016年7月

担当者より:
セコム科学技術振興財団様からご依頼をいただき、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの黒崎知博先生に、2回目のインタビューをさせていただき、記事を作成しました。

インフルエンザの万能ワクチンができれば、どの型のインフルエンザが流行しても、ワクチンとしての効果を発揮する。
それだけでもすごいことだと思っていたのですが、先生のご研究は「万能ワクチン」そのものを作ることではなく、万能ワクチンを作る「方法の開発」であるとのこと。
つまり、この方法が開発されれば、インフルエンザだけではなく、あらゆる「変異型ウイルス」の病気やガンが、今よりもはるかに少ない副作用で、治療可能になるということでした。

 当然、ウイルスも自身が滅びないように、常に変異・進化しています。そして私たちのB細胞も突然変異を繰り返すことで、変異したウイルスに対抗しているとのことでした。
生命の進化と日本の医療技術の進化。インタビューが終わったあともワクワクが止まらず、一気に書き上げました。
最先端のご研究を行っている先生方から直にお話を聞ける、この貴重な時間は、何にも代え難い人生の宝です。




戻る