執筆・ゴーストライター・自費出版ならライティングにお任せください!

スタッフブログ

今年もあと1ヶ月ですね

2018/11/30
皆さまこんにちは、スタッフYです!
今年も残すところあと1ヶ月、寒い日が続いておりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
私は寒さに見事にやられ、風邪を引いてしまいました......油断大敵ですね。
インフルエンザも流行し始めているようですので、皆さま、お気をつけください。


さて、今年もライティングより多くの本を出版いたしました。
薬剤師を目指す学生向けの就活本や、京都の繁華街・四条通りの歩道拡大までの道のりの記録本、インビザラインという歯科矯正の関する本など、分野は多岐にわたります。
京都・祇園を舞台とした「刑事の涙 京舞妓殺人事件捜査本部」は元京都府警捜査一課長を務められた中園修二様が、実際の経験を参考に書かれたものです。
物語に登場する刑事たちがいきいきと描かれ、リアルな心情が伝わってくる力作ですので、ぜひ皆さまにも読んでいただきたい、今年イチオシの作品です!


現在も外壁塗装に関する本や、多発性骨髄腫を患った方の闘病記など、今後出版予定の本も作成中です。
私はどちらも携わっているのですが、闘病記の方が先に出版となります。

多発性骨髄腫とは血液のがんの一種であり、血液を作り出す骨髄の細胞ががん化してしまう病気です。
お客様は7年もの間、闘病生活を続けられており、現在も闘病中です。自身の記録が同じ病気に苦しんでいる人の一助となればと、書き溜められていた記録の出版を決意され、ライティングに依頼してくださいました。

お客様のお気持ちに応えられるよう、出版に向けて大急ぎで取り組んでおりますが、出版自体は来年1月となります。
年内には印刷し、本の形となったものをお客様にお渡しできるよう頑張ります!



今年は多くの本を出版・作成いたしました。
この調子で来年も、皆さまのもとにたくさんの本をお届けいたします!



戻る