執筆・ゴーストライター・自費出版ならライティングにお任せください!

スタッフブログ

Righting movie night !! 

2017/04/25

ライティングでは、

2017年3月から月に1度、映画鑑賞会を開催することになりました!


部屋を暗〜くして、ライティング自慢の真っ白い壁にプロジェクターで映像を映し出せばあら不思議!

いつもの事務所があっという間に映画館に早変わり!


これからどんどん

ライティングスタッフ各人イチオシの映画を交代で上映していきます!


記念すべき第一回は、弊社代表のイチオシ☆


2016年『君の名は。』で大ヒットをとばした新海誠監督作品!


その名は。


『言の葉の庭』


2013年に公開されたこの映画

『君の名は。』を想起させる美しい世界観を持った作品です。

監督曰く、これが自身初となる「恋の物語」とのこと。


〜"愛"よりも昔、"孤悲(こい)"のものがたり。〜


あらすじ

靴職人を目指す高校生のタカオ(秋月孝雄)は、雨の日の1限は授業をサボって、新宿御苑の庭園で靴のデザインを考えていた。

ある日、タカオはそこで昼間からビールを飲んでいる女性、ユキノ(雪野百香里)に出会う。

どこかで会ったかとタカオが尋ねると、ユキノは否定し、万葉集の短歌 

「雷神(なるかみ)の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」

 を言い残して去っていった。

こうして、雨の日の午前だけの2人の交流がはじまる......


本作中で表現される

情景の変化・音・間・表情・仕草

あらゆる描写のひとつひとつが、

見ている側へさまざまなメッセージを強く訴えかけてきます。


だけども、

映画の中から、現実の私たちとの間にスッとひかれたような


「境界線」


を感じる瞬間がたびたびあり、

その境界線によって、

映画の物語に入り込みすぎず、

でも現実的な目線にもなりすぎず、

映画の世界の中で起こる出来ごとを受け取ることができるという、

不思議な映画でした。


次回の上映会は今週、4月28日!


どんな映画がライティングスタッフを待っているのか、

今からワクワクが止まりません!!





戻る