執筆・ゴーストライター・自費出版ならライティングにお任せください!

スタッフブログ

デビスカップレポート 1日目

2016/09/19
台風の影響からか、雨が続きますね。スタッフUです。

先週の金曜日と土曜日にかけて、大阪靫テニスセンターにて
テニスの国別対抗試合「デビスカップ」をスタッフ一同で観戦しました。
IMG_7680.jpg
かの錦織圭選手は初日には出場しないのですが、
観客が意外にも多くて嬉しいです。
今回はワールドグループの入れ替え戦で、ウクライナと対決します。
さあ、スタッフ手作りの団扇が火を噴きますよ!
IMG_7681.jpg
出場したのはシングルス1ダニエル太郎選手と
シングルス2西岡良仁選手。

両選手どちらも粘り強くて安定した試合運びが持ち味です。

シングルス1はダニエル太郎vsセルゲイ・スタコフスキー。
スタコフスキー選手は過去に全仏オープンで錦織を、
ウィンブルドンでフェデラーを破ったこともある攻撃的なプレーが特徴です。
サーブアンドボレー、鮮やかなスライスショットは見事なものでしたが
日本側はダニエルと西岡がここで試合することを想定しており
コートの球足を遅く塗り替えていたため、
攻撃はほぼダニエルに受け切られてしまいました。
スコア7-6 7-6 6-1でダニエル太郎勝利。
P9160007.jpg
シングルス2は西岡良仁vsイリヤ・マルチェンコ。
マルチェンコ選手は今年の全米オープンでベスト16入りするなど
目覚ましい活躍をしているランク50位の選手。
パワーと安定感を兼ね備えたストロークに速いサービスは脅威であり
緊迫したラリーが続きましたが、
西岡はミスらしいミスはほぼ犯しません。加えて遅いサーフェスに
日本の厳しい残暑が、徐々にマルチェンコを蝕んでいきました。
スコア6-4 5-7 6-4 7-5で西岡良仁勝利。
P9160025.jpg
初日は日本の圧勝で終わりました。
相手両選手とも格上の相手でしたが、
「デビスは何が起こるかわからない」とはよく言ったもので、
このような番狂わせがよく起こります。
日本の若手両選手にも、良い経験になったのではないでしょうか。












戻る